• 長寿リハビリセンター病院 お知らせ

長寿リハビリセンター病院では、幅広く患者様の受け入れが出来るように入院患者様用透析ベット6床の透析室を新設いたしました。
ここでは博慈会記念総合病院の腎臓内科医が定期的に診察を行う体制も整えており、博慈会腎クリニック(外来透析)並びに博慈会記念総合病院(入院透析)と連携し医療療養型病床での患者様に対応した入院透析が行える病棟となりました。

 また、回復期リハビリテーション病棟も17床増床し(合計52床)、脳血管障害や運動器障害でリハビリテーションが必要な患者様の受け入れ体制を強化いたしました。
 当病院の回復期リハビリテーション病棟には、神経内科医師そして整形外科医師が常時診療に当たっており、リハビリテーション科のスタッフとともに専門的見地から治療を行い、安心してリハビリテーションに専念いただける環境を整えております。