皮膚科

診療内容

 平成28年10月より、これまでの非常勤医師に代わり新たな非常勤医師2名による外来を開設いたしました。週1.5日から週3日の診療日になることで、これまで以上に外来患者の受け入れがスムーズになり、待ち時間の短縮も期待できるものと思っております。
一般皮膚科領域の診療になりますが、一部形成外科とオーバーラップするものにつきましては、当院形成外科と連携を取りながら診療を行ってまいります。
また常勤医師不在のため外来診療のみとなりますが、高度先進医療が必要な場合や入院加療が必要な場合は日本医大付属病院などの関連病院にご紹介いたします。今後皮膚科と形成外科がコラボして美容に関する診療・治療も検討しております。詳細は決定次第ご報告させていただきます。
 患者さんのご紹介やご相談があれば、迅速に対応させていただきます。今後もこれまで以上に宜しくお願い致します。

医師

池田 彩子

平成21年弘前大学医学部卒業
非常勤医師

中島 弓子

平成15年琉球大学医学部卒業
非常勤医師

診療実績(平成28年度)

外来総患者数-5269人/年、新患数-1112人/年
(白癬、皮脂欠乏性湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、蕁麻疹
アトピー性皮膚炎、帯状疱疹、急性湿疹など)

主な検査

パッチテスト
 不適当な化粧品・アクセサリー等による、かぶれの原因を調べる検査、薬疹の原因薬剤を調べる検査
アレルギー検査
 ほこり、ダニ、カビ、犬猫、植物、食物、ゴムなどのアレルギーがあるかを調べる検査
真菌検査及び培養
 水虫、カンジダ等のカビを調べる検査
液体窒素療法及び電気凝固術
 イボ、ホクロに対しての治療

診療担当表