外科

診療内容

消化器外科、食道、胃、小腸、大腸、ならびに肝、胆、膵の疾患を専門にしております。特に悪性疾患の手術と癌化学療法、放射線療法による集学的治療を行っております。腹腔鏡補助下大腸癌手術、腹腔鏡補助下胃切除術その他胆石、虫垂炎、ヘルニアなど良性疾患でも腹腔鏡下の手術を多く取り入れております。消化管内視鏡検査や腹部の画像検査などで異常を認めた場合、特に悪性を疑わせる病変がある場合には是非ともご紹介をお願い致します。 また下肢静脈瘤外来に対しても月1回の専門外来にて診療を行っております。

医師

吉村 和泰

博慈会記念総合病院副院長
医学博士
昭和57年日本医科大学卒業
日本医科大学客員講師
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本大腸肛門病学会専門医
日本消化器病学会専門医

沖野 哲也

外科部長
医学博士
平成7年日本医科大学卒業
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

住吉 宏樹

外科医長
平成16年日本医科大学卒業
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科消化器がん外科治療認定医

高尾 嘉宗

外科医長
平成16年東邦大学医学部卒業
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
がん治療認定医

柏原 元

平成10年日本医科大学卒業
平成20年医学博士号取得
外科専門医
消化器外科専門医
がん治療認定医
日本血管外科学会・日本脈管学会
日本レーザー医学会・日本血管内治療学会所属
平成25年東京下肢静脈瘤クリニック開設

診療実績(平成28年年度)

結腸・直腸癌:57例(腹腔鏡:24例)
下部消化管その他:11例
胃癌:16例(腹腔鏡:1例)
上部消化管その他:7例
胆石:52例(腹腔鏡:47例)
肝・膵:6例
イレウス:8例
鼠径ヘルニア:70例(腹腔鏡:8例)
虫垂炎:56例(腹腔鏡:51例)

診療担当表

特殊外来

肛門外科(月・水 午前 日本大腸肛門病学会専門医が担当

主な検査・医療設備

上部、下部消化管造影および内視鏡、内視鏡的膵胆管造影(ERCP)経皮的胆道ドレナージ(PTCD)
超音波(腹部、乳腺、皮下腫瘍) CT MRI RIシンチ 乳腺撮影 血管造影