形成外科

診療内容

 形成外科とはどんな分野か・・それは、体表の外科・皮膚の外科ととらえて頂くとわかりやすいかもしれません。博慈会記念総合病院形成外科では、患者様のニーズや価値観を重んじ、機能面のみならず整容面(見た目)をも重視した治療を心がけております。主には一般形成外科として、顔面や手足の外傷(切り傷・削げた傷など)や顔面骨骨折(ほほ骨や鼻骨骨折など)、やけどなどの外傷に対応しています。また巻き爪、母斑(ホクロ)、脂漏性角化症(いぼ)、粉瘤(おでき)、などの良性腫瘍に対して小手術を行っています。皮膚・皮下腫瘍でも、脂肪腫などやや大きいものや深いものは、全身麻酔下での摘出手術も行います。いわゆる皮膚癌に対しては再建を考慮した摘出術を計画いたします。やけどは、新鮮例から、慢性例(昔のやけどの跡によるひきつれ、つっぱり)まで対応しています。加齢にともなうまぶたの下垂も手術により改善を図ります。治りにくい傷や潰瘍に対しては保存的治療として局所陰圧閉鎖療法(VAC therapyなど)から各種皮弁(局所皮弁、有茎皮弁など)による外科的治療にて対応をしています。
当科は常勤1人体制のためできることには限界がありますが、昨今の高齢化社会の進む中、地域のニーズを受け止めてできる限りは皆様のお役に立てることを目指しております。
 また、より高度な治療が必要な場合などでは大学病院(主に日本医科大学形成外科)の医師とタイアップ、あるいは、 適宜ご紹介させて頂いています。
 女性スタッフが多く、明るい雰囲気ですが、創傷に対しては真剣に取り組んでいます。
日本形成外科学会 教育関連施設

特殊な治療

・ケロイド、肥厚性瘢痬(きずあとの持ち上がり)に対して、切除術+術後電子線照射療法など
・顔面骨骨折では3D-CT
・瘢痬拘縮(ひきつれ)の修正手術
・治りにくい傷や潰瘍に対して局所陰圧閉鎖療法から外科的治療(植皮や各種皮弁)
・耳前瘻孔・副耳、他合趾症などの先天奇形なども対応可能ですのでご相談ください。
・より高度な治療が必要な場合などでは大学病院(主に日本医科大学形成外科)の医師のタイアップ、あるいは、適宜ご紹介させて頂いています。
・美容外科外来;光治療(フォトフェイシャル)専用の機器Mediluxによって、お肌のきめ・くすみや質感の改良、お化粧ののりの改善など

医師

大木 琴美

形成外科部長
平成7年浜松医科大学医学部卒業

診療・手術実績(平成27年度)

1.熱傷手術(皮膚移植): 4件
2.上肢および下肢の外傷:29件
3.顔面骨骨折:13件
4.良性腫瘍切除:267件
5.悪性腫瘍切除:12件
6.瘢痕・ケロイド:11件
7.難治性潰瘍(糖尿病性潰瘍など):36件
8.先天異常(小児の副耳など):6件
9.その他 炎症・変性疾患:23件

主な検査

血液浄化療法(血液透析、 腹膜透析)、3フェレーシス、各種画像診断(CT、MRI、エコー、レノグラム)、腎生検

診療担当表