第1内科 呼吸器内科

診療内容

 肺炎・慢性閉塞性肺疾患・肺癌等の呼吸器疾患全般にわたり専門診療を行っております。肺癌診療に関しては診断から治療まで対応します。放射線科と連携してCT、MRI、RIの画像検査、気管支鏡検査による生検、CTガイド下肺生検を施行しており、肺癌治療においては抗がん剤による化学療法・放射線治療を行っております。手術症例につきましては日本医科大学付属病院呼吸器外科・帝京大学附属病院呼吸器外科と連携して対応しております。慢性呼吸不全患者に対しては在宅酸素療法、在宅マスク型人工呼吸管理を行っており、リハビリテーション科と連携して呼吸リハビリテーションを行います。呼吸器系機能障害による身体障碍手帳申請に必要な診断書作成も可能です。
当院は日本呼吸器学会関連施設・日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設に指定されております。

医師

竹中 圭

博慈会記念総合病院 副院長
昭和63年日本医科大学卒業
日本呼吸器学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医

榊原 桂太郎

呼吸器科部長補佐
平成8年日本医科大学卒業
日本呼吸器学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医

都築 早美

平成21年福井大学医学部卒業

非常勤医師

木曜午前外来担当:井上 達哉(日本医科大学呼吸器外科)
金曜午前外来担当:田中 徹
土曜午前外来担当:高橋 彬彦

診療・手術実績(平成28年度)

外来患者数:863例/月 外来初診患者数 135例/月
入院患者数:400例/年
疾患別入院患者
肺炎・急性気管支炎:143例
肺癌:81例
COPD:40例
間質性肺炎:31例
気管支喘息:20例
気胸:14例 在宅酸素療法患者数:78例
気管支鏡検査64例/年

診療担当表