整形外科

お知らせ

平成28年4月より、脊椎診、側弯診、関節診、スポーツ診を開設いたしました。

平成25年5月7日より、整形外科外来が4外来に増設されました(水曜日を除く)。ゆとりのある外来診療を目指すとともに、患者さまの待ち時間の短縮に心がけております。

診療内容

1.
脊椎変性疾患、脊髄腫瘍、脊椎外傷に対して、各症例に応じた手術を幅広く行っています。症例によっては、術中モニタリングを行い、安全に手術を行っています。さらに椎弓形成術や椎弓切除術の際に超音波メスを使用しており、手術の安全性・確実性を図っています。また当院における最小侵襲手術は顕微鏡下で行っています。各種神経ブロックも症例に応じて行っています(神経根ブロック、硬膜外ブロック、交感神経ブロック、星状神経節ブロック等)。脊椎圧迫骨折には症例に応じて風船によるセメント治療(バルーンカイフォプラスティー)を行っています。また、先天性、乳幼児~思春期側弯症、変性後側弯症に対して保存的、外科的治療を行っています。学童検診で側弯異常を指摘された場合の二次的検診も行っています。

2.
難治性神経因性疼痛に対しては脊髄電気療法を施行しています。

3.
股関節、膝関節、肩関節の変性疾患やリウマチ疾患に対しては、手術適応を十分検討し、人工関節手術や骨切り術(臼蓋回転骨切り術、高位脛骨骨切り術)を行っています。人工関節手術は低侵襲手術で行っています。

4.
スポーツ外傷(膝、肩、肘、足関節等)に対しては、専門医による診断・治療を行っています(靱帯再建術、関節形成術、関節鏡等)。

5.
骨腫瘍・軟部組織腫瘍に対しては専門医の診断・治療を行っています。

6.
末梢神経障害に対しては神経伝導検査・筋電図を行い、診断・治療を行っています。

7.
手術の際には症例により自己血輸血を行っています。
8.
糖尿病壊疽等の難治性潰瘍に関しては、症例によりマゴットセラピーを行い、可能な限り患肢温存を図っています。

9.
リウマチ疾患に対しては専門医の診断により生物学的製剤の治療を行っています。

10.
当科は足立区整形外科連携ネットワークの代表世話人を務めており、積極的に地域医療連携に取り組んでいます。

11.
大腿骨頚部骨折は高齢化に伴い増加しています。高齢者は心疾患・高血圧・糖尿病・腎疾患呼吸器疾患・脳梗塞・下肢静脈血栓症等の合併症を多く認めるため、総合病院の特性を生かした各科の治療の協力下で、安全に手術が行えるように心がけています。

医師

星野 瑞

博慈会記念総合病院 副院長
医学博士
平成元年日本大学医学部卒業
日本脊椎脊髄病学会認定脊髄外科指導医
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
東京都身体障害者診断医
麻酔科標榜医

森 聖

整形外科部長
平成9年日本大学医学部卒業
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医

谷口 久樹

整形外科医長
平成12年金沢医科大学卒業
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

弓場 隆雄

整形外科医員
平成22年日本医科大学卒業

町田 正文

整形外科非常勤医師

加藤 有紀

整形外科非常勤医師

非常勤医師

今村 安秀(永生病院整形外科部長):2、4週火曜日
加藤 有紀(日本大学整形外科学教室):1、3、5週木曜日
町田 正文(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 脊椎・脊髄外科):毎週月曜日
その他毎週土曜日は、日本大学医学部整形外科教室より医師派遣あり

診療・手術実績(平成28年度)

外来-3522人/月、新患242名/月
入院-53人/月、平均ベッド稼働数42床/月

420件(手術)
骨折観血的手術    143例
脊椎後方手術・固定術 33例
頚椎椎弓形成術    10例
人工膝関節置換術   26関節
人工股関節置換術   14関節
人工骨頭置換術    17例
関節鏡視下手術(ACL再建、肩腱板手術含む)   29例
手の外科手術     34例

診療担当表

主な検査・医療設備

手術室(クリーンルーム)、手術用顕微鏡、関節鏡、MRI、RI(骨シンチ、放射線治療)
神経伝道検査、骨密度検査(DXA法)、リハビリテーション(入院、通院)