リハビリテーション

診療内容

博慈会記念総合病院では、足立区、川口市近隣地域の急性期病院として早い時期から手厚いリハビリテーションが提供できるように環境を整えています。脳卒中発症後、骨折などの外傷後、病気療養に伴う寝たきりに近い状態になり、入院を余儀なくされた患者様に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の各専門家が患者様一人ひとりの病状にあった治療を集中的に実施し、早期回復に取り組んでいます。また、五十肩、腰痛等の疼痛緩和を目的に電気刺激療法や水治療法、牽引などの消炎・鎮痛処置を行う外来物理療法を行っております。

医師

星野 瑞

整形外科部長
医学博士
平成元年日本大学医学部卒業
日本脊椎脊髄病学会認定脊髄外科指導医
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
東京都身体障害者診断医
麻酔科標榜医

理学療法士(PT)10名、作業療法士(OT)6名、言語聴覚士(ST)2名、アシスタント5名

診療時間

月~金 午前 8:50~12:00 午後 13:30~16:00
土 午前のみ 8:50~12:00
外来物理療法:月、水、金、9:00~12:00
・五十肩、腰痛等の慢性疾患に対して、電気刺激治療器・マッサージ器(ウォーターマッサージ器)・介達牽引器の物理療法機械を使用した治療です。

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
 脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)発症後、もしくは手術後(脳内出血等の)から180日以内の患者様が対象となり、機能面だ出なく日常生活動作、高次機能障害に対して訓練を行っています。

運動器リハビリテーションⅠ
 骨折や靭帯・腱断裂などの手術後から150日以内の患者様が対象となり、関節可動域改善、筋力向上、動作の獲得を目的とした訓練を行っています。

呼吸器疾患リハビリテーションⅠ
 肺気腫等(呼吸器の病気によって生じた障害を持つ患者様)発症後から、90日以内の患者様が対象となり、可能な限り機能を回復あるいは維持できるように訓練を行っています。