眼科

 眼科紹介 - 多焦点眼内レンズを用いた手術について

多焦点眼内レンズを用いた手術について

1.先進医療とは

有効性及び安全性を確保する観点から、医療技術ごとに一定の施設基準を設定し、厚生労働省が承認した医療機関のみが実施できる、新しい医療行為のことをいいます。

2.白内障とは

水晶体は目の中でレンズの役割をする組織です。正常な水晶体はほぼ透明で必要な光をよく通しますが、水晶体が濁ると光が十分に通らなくなります。これが白内障です。主な白内障の症状には、明るい所で眩しくて見にくい、物がかすんで見えるなどです。水晶体の濁りかたはその方によって異なりますので、症状は様々です。

3.白内障手術


切開します


水晶体を吸い出します


眼内レンズを挿入します

4.眼内レンズ


単焦点レンズ

ピントが合う距離が1つなので、患者さんはご自分の生活スタイルに合わせて、手元から遠くまでのどこか1点で、ピントの位置を選ばなければなりません。選んだピント以外の距離にはピントが合わないので、その距離を見るためには眼鏡が必要になります。


多焦点レンズ

ピントが合う距離が複数あるので、眼鏡に依存する頻度をかなり減らすことができます。眼鏡のかけはずしの煩わしさを解消することが可能です。多焦点眼内レンズは若い頃の見え方のように、眼鏡なしですべての距離にハッキリとピントを合わせられるわけではありません。しかし、おおむねどの距離にもピントを合わせることができます。

5.検査

視力検査

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査

 白内障を実際に観察します。点眼薬で瞳孔を大きくすること(散瞳)により、 水晶体の全体像を知ることができます。

眼底検査、眼圧検査、角膜内皮細胞検査

 視力低下の原因が白内障以外にないか、合併症の有無を調べます。

眼軸長測定検査

 使用する眼内レンズを決定します。

6.多焦点レンズの留意点

1.車のライトなどの周囲がぎらついて見える「ハロー」や光の周辺に輪がかかって見える「グレア」と呼ばれる現象報告されていますが、
  人によってその程度は異なり、半年ほどの間に気にならない程度に落ち着く方が多いと報告されています。

2.夜間に車の運転をすることが多い方、細かな作業を長時間行うことを職業とする方、片眼に単焦点レンズが移植されている方、
  などは手術前に時間をかけて検討しましょう。

3.ドライアイ・角膜混濁・チン小帯脆弱など通常の白内障手術で単焦点レンズを挿入する際にも慎重に検討しましょう。

7.備考

1.『先進医療にかかる手術・レンズ費用』は、保険診療対象外になり、 高額療養費の対象にはなりません。

2.『先進医療以外の費用診察・検査・投薬等』は、保険診療となり 確定申告時、医療費控除の対象になります。

3.先進医療特約が使えます。(詳しくはご加入の保険会社へ)